赤い羽根募金

社会福祉法人神奈川県共同募金会 愛川町支会

今年も、10月から赤い羽根募金が始まります。福祉には、行政が制度として行うものと民間の福祉活動によって支えられているものがあります。
赤い羽根募金は、民間社会福祉活動を応援するための寄付金募集です。

次のように使われます。

地域の中での福祉活動に

重度の障害の方、高齢の方、難病に苦しむ方、神奈川県内には、援助を必用としている人たちが暮らしています。
そんな方々を少しでも支援しようと、地域の住民が中心となって、ホームヘルプ・配食・移送・障害児訓練会など在宅福祉サービス活動をする団体が地域の中で活躍しています。

赤い羽根募金は、地域の中での福祉活動に使われます。

民間社会福祉施設の整備に

障害者支援施設や児童福祉施設などを利用する人々のために授産機器、厨房機器やリフトつき車両の購入などの施設整備に使われます。

市区町村社会福祉協議会の事業に

障害者の自立と社会参加への支援、高齢者世帯の生活支援、子育て支援、ボランティア活動への支援など地域の福祉を推進する市区町村の社会福祉協議会の事業費に使われます。

平成28年度 赤い羽根募金総額

愛川町の募金総額 3,612,906円

内      訳

法人募金

213,100

戸別募金

3,158,650

街頭募金

0

学校・校内募金

61,428

職域募金

90,916

イベント募金

61,582

その他

27,230

 

愛川町社会福祉協議会受配額

28年度受配額 4,570,000円(うち、市区町村社協整備費 2,580,000円含む)

 28年度に神奈川県共同募金会から上記額の受配を受け、地域福祉を推進する事業費などに使用します。