トップページ>情報コーナー>災害支援情報>愛川町社会福祉協会の対応について 中越地震

愛川町社会福祉協会の対応について 中越地震

被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

新潟県中越地震関連情報  

平成16年11月10日掲載

愛川町社会福祉協議会職員の被災地への派遣について

派遣先

小千谷市災害ボランティアセンター

新潟県小千谷市桜町5140番地
      小千谷市総合福祉センター サンラックおぢや内

現地の状況

小千谷市災害ボランティアセンターホームページ

その他市町村災害ボランティアセンターの情報

派遣職員

愛川町社協職員 主査1名 主事1名 計2名を派遣

派遣期間

11月10日(水)〜13日(土) 4日間

現地には、新幹線で長岡駅または越後湯沢駅へ、その後バスまたは在来線、タクシーを乗り継ぎ、現地入りする予定です。

支援内容

災害支援ボランティアに関するコーディネート業務の支援

被災者ニーズと災害支援ボランティア活動者とのマッチング業務が主なものとなります。(なお、現地の状況により支援内容は、変わるものと思われます。)

神奈川県下の
派遣状況

神奈川県社会福祉協議会、横浜市社会福祉協議会、川崎市社会福祉協議会(県、政令指定都市社協)では、10月29日〜12月5日まで、3社会福祉協議会が5日間ごとに交代で班編成を組み、1組、2〜3名の県・政令指定都市社協職員を小千谷市災害ボランティアセンターに派遣し、支援を行ないます。

その他の市町村社会福祉協議会では、横須賀市社会福祉協議会(6名)、平塚市社会福祉協議会(1名)、小田原市社会福祉協議会(1名)、逗子市社会福祉協議会(2名)、相模原市社会福祉協議会、三浦市社会福祉協議会(1名)、南足柄市社会福祉協議会(1名)、愛川町社会福祉協議会(2名)が職員を派遣することになっており、支援スケジュールが組まれています。

(神奈川県社会福祉協議会提供資料から 11月9日現在)